お墓・墓地を選ぶポイント

最近では、生きている間にお墓を建てる生前建墓が流行りのようですが、一口にお墓を建てると言っても、何処に建てたら良いのかは悩む所だと思います。
お墓・墓地を選ぶポイントとしては、自宅からどれくらい離れているか?交通の便は良いかと言った事が挙げられます。

以前はお墓といえば田舎にあるもので、お墓参りは、田舎への帰省を意味していました。
しかし最近では、田舎にはもはや親族がおらず、殆どが上京してしまっているというご家族も少ないと思います。
お墓は建てた後の供養の方が大事なのですから、できるだけ通いやすいことが大事です。
ですから、お墓もやはり、遠い田舎ではなく、自宅に近い場所をと考えるほうが良いでしょう。
それには、単純な距離の他に、交通の便がいかに良いかを考慮しなければなりません。
地図上の距離はたいしたことがなくても、電車やバスを何度も乗り継ぐようでは不便です。
出来る事であれば、墓地まで一本でいけるバスの路線上に有った方が良いでしょう。
車で行かれる場合は駐車場のスペースが十分にあるかを確認しておかなければなりません。
ご家族の数人で行かれるので有れば1~2台の車に便乗すれば済むことですが、親戚一同が集まるとなれば、駐車スペースが足りなくなることも考えられます。

そうした、立地条件を確認するのは、実際に見学に行かれる方が良いと思います。
ただし、墓地は神聖な場所ですから、勝手に行って勝手に見るというのはよく有りません。
墓地の管理事務局(お寺の中にあるのであれば、そのお寺)に事前に許可をもらって見学をさせて頂きます。
墓地を見学した際には、立地条件以外にも墓地内の水はけの良さや歩きやすさもチェックしておきます。
水はけが悪いとお墓がいたみやすいですし、歩きづらいところでは、歳をとってからのお参りに苦労します。

墓地管理事務局の主催で霊園見学などが行われる場合は、墓石選びから開眼法要(魂入れ)までの施工期間まで、細かく説明をしてもらえます。
特に宗派による儀式の違いなどはわかりにくい部分が多いですから、こうした霊園見学に参加して、色々と質問してみるのが良い方法です。

ページのトップへ戻る