賢いお墓の建て方

お墓はお亡くなりになった方が、死後に眠る安住の場所となるものです。
お墓の賢い建て方として、考えておかなければならないのは、墓地の選定でしょう。

お墓は建てて終わりというものでは有りません。
その後のご供養が何よりも大切になってきます。
ご供養のために通うことになりますから、できるだけご遺族が通いやすい場所に建てるのが良い方法です。
以前は、お墓は田舎にあるもので、お墓参りは同時に帰省になっていたと思います。
しかし、上京してから既に2代、3代と新しい土地で代を重ねたご家族にとっては、帰省先と呼べる田舎も無いのではないでしょうか?
こうした事からも最近では、自宅に近い場所に、田舎のお墓を移す方も増えてきています。
お墓を移すことを改葬といいますが、この手順は以外に面倒なものです。
これからお墓をお建てになる方は、将来にわたって改葬が必要無いような墓所をお選びになる方が良いでしょう。

また、最近ではお墓を生前にお建てになる方も増えてきました。
生前に建てられたお墓のことを「寿陵」と呼び、寿陵を建てると長寿になると言われています。
生前にお墓を建てることは、賢くお墓を建てる上で一番の方法だと思います。
ご自分が死後に安住する場所ですから、先ずご自分で安心できる物を建てられるからです。
また、万が一の際にご家族にお墓の心配をさせなくて済みます。
ご家族が通いやすい場所を探して、手入れのしやすい、あまり複雑な形にならないお墓を建てるのが良いでしょう。

では、実際に墓地を探すにはどうしたら良いでしょうか?
場所などは地図などでも調べられますが、その場所の環境や立地条件は実際に見て確認をしておきたいものです。
そこで、見学をと考える人も増えてきました。
お墓は神聖な場所ですから、見学をされる場合は、墓所の管理事務局の許可を得てから行ったほうが良いでしょう。
最近では霊園側で主催される霊園見学が催されています。
実際にお墓をお建てになる場合は、費用や施工期間なども確認しておかなければなりませんが、そうした説明も霊園側で主催する見学では詳しく説明を受けることができます。
賢くお墓を建てるのであれば、こうした霊園見学を幾つか周り、自分にあった物件を選ぶようにするとよいでしょう。

ページのトップへ戻る