建墓のすすめ

死後の安住の地であるお墓、最近では死後に自分が入るお墓を先に建ててしまう方が増えています。
生前建墓は何歳くらいになったら考えたほうが良いでしょうか?

実のところ、早いに越したことが無いというのが本当のところです。
なぜかというと、先ず、何時何があるか判らないと言う事も有ります。
明日事故にあうかもしれないのは、高齢者よりも、仕事や遊びで外出の多い若い人の方が可能性はあるくらいです。
それに、生前建墓は「寿陵」と言って、長寿を願う縁起の良いこととされています。

そして、もう一つ、早めの建墓を勧める理由に土地問題があります。
墓地の土地には限りがあります。
墓地は、永代に渡ってその場所にあり続けますから、今後土地が足りなくなる事も考えられます。
それにつれて、通いやすい近場の霊園は土地不足で永代使用料の価格も上がってきています。
永代使用料は最初に払えばそれ以降はかかりません。(その後は管理料だけです。)
ですから、この永代使用料が安い内にお墓を建てたほうが、後々得になる事も多いのです。

また、墓地不足は、周辺環境や通いやすさで墓地を選ぶ余裕を無くしてしまいます。
お墓は、死後に供養してもらうことが一番重要なことです。
通い辛い場所の墓地では、ご家族が供養に来られるのに負担をかけてしまいます。
また、いくら近くても線路沿いの何時も五月蝿い場所よりも、静かで落ちつた場所で眠りたいと思うでしょう。
そうした、希望の墓地を見つける上でも早めに霊園等を探してお墓を建てておくのが良いと言えます。

そうは言っても、墓地の選び方等判らない事が多いと思います。
そういう時には旅行会社など提供している霊園見学バスツアー等を利用するとよいでしょう。
バスツアーでも各霊園の特徴を知ることができますが、ここぞと言う場所が見つかったら、今度はその霊園の管理事務局に直接見学を申し出てみるとよいでしょう。
より詳しいお話が聞けると思います。

墓地では、殆どの場合で墓石の販売・建墓を行う墓石店と提携していますから、必要な予算や、施工期間なども詳しくわかります。
建墓の一連の手続きなども一括して請け負ってくれる会社も多いので、基本はお任せしてしまうのが良いと思います。

ページのトップへ戻る