お墓にかける予算の設定

まだ元気な内に、自分が入るお墓を建てる生前建墓が定番になってきました。
亡くなった後にゆっくり休む場所ですから、安心できるお墓を建てたいものです。
しかし、お墓にかかる費用というのはどれくらいなのでしょう?
お墓に係る予算として必要な物を上げていきますと、墓石費用、墓地の永代使用料と管理費、開眼法要の費用となります。

墓石の費用は、使用する石の種類、使用する量・大きさ、加工費と、建墓の施行費などが入ります。
加工費には、墓石をお墓の形に加工する他、墓石に施す彫刻料も入ります。
墓石に彫刻するものは、戒名、俗名、没年月日、行年(没年齢)等を記します。
最近では、お墓に言葉を彫る方も増えており、「◯◯ここに眠る」と言った映画に出てきそうなお墓も普通に建てられるようになりました。
予算はピンきりでは有りますが、100~140万位と言われています。

次に永代使用料ですが、これは墓地の永代使用権を得るものです。
永代使用権は所有権ではなく飽くまでも使用権となります。
お墓を建てる時に一度払えば、永代(お墓を相続するすべての代)で使用権を得られます。
ただし、お墓を使用し続けるには管理費が必要になります。
この永代使用料と管理費は墓地の地価等によっても様々ですので、そこは墓地の管理事務局等で確認する必要があります。
永代使用料の相場は関東では数十万~100万円位、管理費の相場は年額で1~2万程度となっています。

お墓が完成すると開眼法要と言う儀式を行います。
これは、お墓が魂の眠る場所になるように、只の石から、お墓に変える儀式です。
この儀式をしておかないと、たとえ納骨してもそこに魂が入れないと言われています。
開眼法要は僧侶を呼び、親族を招いて行います。
僧侶にはお布施と、お車代をお包みします。
また、お世話になった石材店や墓地の管理事務局にもお礼をお包みすると良いでしょう。
お斎(おとぎ・食事会の事)を催すのであれば、その費用も掛かります。
開眼法要は、お布施などに特に決まった金額がないのですが、法要の準備を石材店さんなどにお願いした場合3万円程度の手数料がかかるようです。

また、お墓には分譲住宅のように既に建てられたお墓も有ります。
割りと低い予算の場合も多いので、そうした物件を探すのも良いと思います。

ページのトップへ戻る