お墓を建てる手順

まだ元気な内に、自分のお墓を建てる生前建墓にしても、亡くなった家族の為にお墓を建てるにしても、実際にどのような手順でお墓は建てられるのでしょうか?
お墓を建てる手順について考えてみます。

先ず、予算をハッキリと決めておくことが重要です。
その際、残された家族の生活に支障が出ないようにしておきます。
もし生前建墓で有れば、ローンなどは元気な内に終わるようにしておきます。

予算が決まりましたら、墓地の選定にかかりましょう。
出来れば、お墓参りのしやすい立地条件が良いですが、都市部に近いほど費用は掛かります。
予算に合わせた立地条件を探しましょう。
この時、霊園見学ツアー等を利用すると沢山の情報を集められますし、実際に見に行けるので、墓地周辺の環境や霊園内の施設の良し悪しなどもチェックできます。
墓地選びには、宗教・宗派の違いも重要です。
墓地によっては特定の宗教や宗派で利用できない場合があります。
そして管理が行き届いているかもチェックしましょう。

墓地が決まったら、永代使用権の購入になります。
永代使用権は永代使用料を払って購入します。
これは最初に一回払えば済むものですが、その後、永代使用を維持するために管理費などが掛かります。
管理費はお墓を建てた後にも継続してかかる費用ですのでこれもしっかりチェックしておきましょう。

墓地を購入できたら、建てるお墓の手配となります。
お墓を建ててくれる石材店を決めて工事の契約をする事になりますが、墓地によっては指定の石材店がある場合もあります。
複数の石材店を選べる場合は、予算の他に連絡の取りやすいお店を選びましょう。
電話でしか話せないような遠い場所のお店では、細かいお話をするのにも苦労します。

石材店が決まったら、墓石のデザインなどを決めていよいよ施行となります。
最近では細かい要望にも応えてくれることも多いですが、霊園によっては形を統一させている場合もありますので、よく相談しておきます。

お墓が完成したら、開眼法要の儀式をして、没者の魂がお墓に入れるようにします。
ここまで来て初めて納骨が可能になります。
既に亡くなられている場合は開眼法要と納骨を同時に出来ます。
生前建墓の場合は、俗名や戒名を朱字で入れておきます。

お墓は、一生に一度の買い物ですから間違いのないようにしたいですね。

ページのトップへ戻る