墓地にかける予算の設定

お墓がほしいと言う方にとって、予算は気になるものだと思います。
お墓を建てるにはいくら掛かるのか?お墓の維持費はいくらかかるのか?と心配は多いかと思います。

先ずお墓を建てる際の墓地の予算として必要になるのは、永代使用料が有ります。
永代使用料は墓地の永代使用権を購入する代金です。
永代使用料は墓地の使用権を購入するものですから、最初の一回だけ払えば良い費用になります。
ですが、その後も永代(相続するすべての代)で墓地を使用するには管理費などの支払いが必要になります。
これは、霊園の管理を行う費用です。
お墓そのものの管理はお墓の持ち主がしなければなりませんが、霊園内の清掃などは霊園の管理事務局で行います。
ですから、管理費は墓地の維持をして頂く為の費用となります。

お墓を建てる上で、墓地にかける予算の設定には、この永代使用料と管理費を考えておく必要があります。
永代使用料は一括で支払います。
ローンにしたい場合は銀行などから別途ローンを受ける必要がありますが、出来れば貯金などで一回に払い切っておきたいものです。
言い換えれば、一回に払える予算に抑えたいということです。

金額は土地によって違いますが、関東では数十万円から百万円程度と言われています。
永代使用料を払いきっておきたい理由には、その後に建てるお墓の費用のことがあります。
これも一括で払えるのであれば良いのですが、決して安いものでは有りませんから、ほとんどの方はローンでのお支払いになると思います。
このローンと管理費がお墓を建てた後にかかる主な墓地の維持費となってきます。
ですから、永代使用料等は出来れば先に払い終えておき、あとの支払いを抑えておきたいのです。
お墓があることで、残されたご家族の生活に支障が出るような事は避けたいものですよね?
そうした負担を減らす事も考えた、墓地の予算を考える必要があります。

予算に合った良い墓地を探す手がかりとなる方法に、霊園見学があります。
最近はツアーもありますので、多くの霊園を実際にこの目で見ながら、予算を見比べることができます。
こうした、サービスを上手く使って、予算にあった墓地を選んでください。

ページのトップへ戻る