墓地から決める場合の手順

お墓を建てるのにどういった手順で進めていくのかさっぱり判らないと思う方も多いでしょう。
そうした方は先ずお墓を建てる墓地から決めてみてはいかがでしょうか?
墓地から決めていく手順としては、先ずはその墓地探しをしなければ始まりません。
墓地、霊園を探すのに最近便利なサービスが有ります。
それが、霊園見学ツアーです。
霊園見学ツアーは旅行会社や、霊園管理事務局等が主催して、複数の霊園を見て回るツアーとなります。
ただ見て回るだけではなく、お墓の見本、墓地購入から施行までの手順などを詳しく説明をしてもらえます。

墓地選びで気をつけておきたいポイントは、先ず場所、家から遠過ぎないか?交通の便は良いかと言ったことを確認します。
お墓参りに車で通う事を考える場合は駐車場があるかも重要です。
めぼしい墓地区画の水はけの良さもチェックします。
水が溜まりそうだったり、日当たりが悪いと、お墓が傷みやすくなります。

次に霊園内の歩きやすさ、道が悪いと歳をとってからのお墓参りが辛くなります。
同じように霊園内の施設なども見ておきましょう。
管理が行き届いているかも大事です。
綺麗に掃除がされているかなどを見ておきます。
また、ご自分の宗教、宗派の事も考慮する必要があります。
公園墓地や大きめの霊園では殆どの場合は大丈夫ですが、お寺の中に墓地がある場合等は宗派によってはお墓が建てられません。
ご自分の宗派でも建てられる墓地なのかを確認しておきましょう。

墓地が決まれば、永代使用権の購入手続きをします。
永代使用権は永代使用料を一括で払って納めます。
この払いは一回で終わりですが、その後お墓を維持するための管理費の支払いが発生しますので、その金額も重要です。

墓地の購入が済めば建墓に移ります。
霊園によっては購入から建墓迄に時間制限があるような所もありますので、早めに施行を開始した方がよいでしょう。
建墓は石材店にお願いしますが、霊園側が指定している場合もあります。
お墓で一番予算がかかるのは建墓ですから、石材店とよく相談して決めるのが良いでしょう。
お墓が立てば、開眼法要の儀式を済ませて、納骨できるようにします。
既に亡くなられている方のお墓であれば、この時同時に納骨をすることもできます。

希望通りのお墓を持つにはいくつも見比べるのが一番です。
時間の許す限り、多くの物件を見て回るのがよいと思います。

ページのトップへ戻る