墓地購入申し込み・使用申請の方法

最近では節税や縁起担ぎで生前にお墓を建てる人が増えてきていますが、墓地の購入申込みや使用の申請は何処で行うのでしょうか?
それは墓地の管理を何処がしているかによって違ってきます。
墓地は大きく分けて、公営墓地、民営墓地、寺院墓地とあります。

公営墓地の場合は、各市町村役場で受付をしています。
提出する書類は役場にありますので、必要事項を記入して、永代使用料を支払って、永代使用権を購入します。
金額は市町村それぞれに違いますが、民営よりも安めになることが多いようです。

民営墓地は、営利目的を持たない、公益法人や宗教法人が管理している墓地となります。
購入の申し込みは墓地の管理事務局に申し出ます。
永代使用料や管理費が公営よりも高めになる場合が多いですが、宗旨・宗派の制限がなく、墓石の形状なども自由に出来ると言ったメリットがあります。
石材店が指定されていることも多いようです。

寺院墓地は寺院境内に墓地があるため、そこにお墓を持つということは、その寺院の檀家になるということになります。
ですから、宗旨、宗派は寺院に属している必要があります。
申し込みは寺院に申し出ますが、檀家になる事が前提ですから、その辺の宗教的な手続きや話し合いを行うことになります。
場合によっては宗旨変えなども必要になりますので、ご家族でよく相談して決める必要があります。

お墓を建てる為に墓地を得ることは、それ自体はさほど難しいものでは有りません。
どちらかと言うと、理想に合った墓地を探すほうが大変だと思います。
最近増えてきている霊園見学ツアー等を利用して、理想に合った墓地が見つかるまで、時間の許す限り見比べる方が良いでしょう。

納骨をする際には、埋葬許可書が必要です。
埋葬許可書は、火葬後に交付されます。
自治体によっては、火葬許可書に火葬済み印を受けたものがそのまま埋葬許可書になることもあります。
墓地にお骨を納める場合にはこれがないと納骨できませんので、無くさないようにしましょう。

ページのトップへ戻る