墓地の情報の集め方

生きている間に建てたお墓の事は寿陵呼びます。
寿陵は長寿を祈願する縁起良いこととされていますから、生前にお墓を建てる人も少なく有りません。
また、生前にお墓を建てる事は他にメリットがあります。

先ず挙げられるのは自分が静かに眠る場所を自分で探せる事でしょう。
それに、お墓の形なども自分の意志で決められます。
本人だけでなく、家族にもメリットがあります。
元気な内に建ててしまえば、万が一の時に残された家族の負担を減らすことができます。
また、お墓には相続税がかかりません。
亡くなって遺産を相続してから建てるより、先に建ててお墓として相続してもらうほうがその分税金は安く済みます。

さて、いざお墓を建てようと思っても、いったいどうしたら良いのでしょうか?
先ずはお墓を建てる墓地を見つけなくてはいけません。
最近ではインターネットで簡単に多くの情報を集める事ができますが、活字や写真だけでは判らないことも多いものです。
ですから、実際に墓地に行き、直接見て調べたほうが良いでしょう。
それには調度良いサービスが有ります。
それが、霊園見学ツアーです。
旅行代理店や霊園管理事務局が主催して行われていて、インターネットでも募集がされていますので、最寄りのツアーを申し込んでみるとよいでしょう。

墓地見学で確認しておきたい項目としては、先ずは立地を確認します。
お墓参りをする家族が苦労しないように、家から遠くなく交通の便も良い事を確認したいところです。
次に、墓地の水はけや日当たりも確認します。
水はけが悪かったり、日当たりが良くないと、お墓に苔が生えたりして汚れます。
墓地内の清掃が行き届いているかも見ておくとよいでしょう。
管理がズサンだと故人となってからゆっくり眠れません。
また、周辺の環境も見て回ると良いでしょう。
都心部となると騒がしい所もあります。

ネットや霊園見学の他に石材店でお話を聞く方法も有効です。
石材店は墓地の情報を多く持っています。
条件にあった墓地を紹介して貰える可能性もあります。
先ずは、行動に移してみるというのが一番の情報収集になるということですね。

ページのトップへ戻る