墓地の立地条件や周辺環境のチェック

生前にお墓を建てる生前建墓をされる方が増えてきていますが、いざお墓を建てるといっても、何処に建てたらよいか迷うところだと思います。
情報はネットでも集まるかも知れませんが、それだけでは、判らないことも多くあります。
そこで、霊園見学ツアー等を利用して、実際に見に行く事をお勧めします。
霊園見学ツアーは霊園管理事務局やシニア系の団体、旅行代理店等で主催されていますので、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

見学の際に必ず見ておきたいことが、墓地の立地条件や周辺環境のチェックです。
先ず、立地ですが、お墓参りがしやすいように家から遠過ぎない事が大事です。
同時に交通の便や駐車場の広さも見ておきたいところです。

立地に申し分なければ、次に周辺環境を見ておきます。
いくら立地条件が良くても、騒がしい場所や、工場が近い場所など、自分が住むとしたらここで良いかと悩むような場所では、没後に安心して眠れません。
また、墓地の水はけがよさそうかどうか、日がよく当たるかも見ておきます。
何時も湿っているようでは、苔が生えるなどしてお墓が傷んでしまいます。

墓地内の道路が歩き易いかも考慮しておきます。
歳をとってからのお墓参りが辛くならないかを考えましょう。
出来ればバリアフリー化されている方が良いですね。
墓地の手入れが行き届いているかも見ておきます。
管理がズサンな所は購入を避けましょう。

墓地の立地条件と周辺環境、墓地内の環境とどれも申す分なければ、あとは予算と相談して購入を決める事になります。
永代使用料は一回の物ですが、そのごの管理費もありますから、お墓にかける予算と合わせてよく考えます。
残された家族の生活に支障が出ないように、無闇に高額なローンなどを組まないのが得策です。
出来れば永代使用料だけでも貯金等を利用して一括で払いきっておきたいものです。
お墓の施行費用も生前建墓で有れば、元気な内に払い終えるようにしたいものですね。
既にお亡くなりになった方のお墓であれば尚更、生活に支障がない支払いの範囲で予算を組みましょう。

お墓は一生に一度の買い物ですから、間違いのないようにしたいものですね。

ページのトップへ戻る